Jamming doc store

I'm noob.

ユーザ目線という曖昧な指標

最近、ニンテンドースイッチの販売に参加・見ていることが多いんです。
(私は1台持っていますが、行列に参加することが楽しくて参加しています)

今日もノジマオンラインで15時過ぎから販売、3分で売り切れていましたね!
twitterを見ていると、公式に対して買えなかった方が酷い言葉を投げたり、買えた人が公式に感謝すると見せかけて買えなかった方を煽っていたり・・・。それを見ていると品薄商品と、それに群がる超価格思考のユーザとのせめぎ合いが見て取れます。

現在インターネット上には高額で販売しているECサイト(いわゆる転売流れ)もいくつかあり、定価3万円に対しておおよそ3万円後半〜4万円前半の値段が設定されています。

ちなみにノジマオンラインの販売価格は37,800円(本体価格+保証延長+下取りサービス)
販売開始日時は「アクセス集中を避けるため」という理由で公表されませんでした。そのため、多数のユーザが早朝から販売される15時過ぎまで、販売ページに張り付いてひたすらF5連打している状況でした。

私が見た中で、転売流れで一番安いものが37,000円だったのでノジマオンラインの方が価格+時間で圧倒しています。もちろん、保証が5年に延長されるとか、転売流れだと保証期間が短いなど問題はありますが、ニンテンドースイッチを買うために何が大切なのか(数千円のお金なのか、自身の時間なのか)改めて考えさせられますね。